初めての産後ダイエットで注意するべき点とは?

初めての産後ダイエットで注意するべき点とは?

無事に出産を終えた人の多くが、妊娠中に増えた体重を気にしてダイエットをしますが、産後ダイエットは、普通のダイエットとは違い、体重を減らすことだけではなく、妊娠前の状態に体を戻すことが大切な目的になります。

産後ダイエットをすることで、健康的な食事や運動をして妊娠前よりもスタイルが良くなる場合もあります。

一人目を出産して、産後ダイエットをする場合に、出産後すぐにダイエットを始める人がいますが、産後1か月は体力を回復する時期になるため、体のエネルギーを体力の回復に充てるようにすることが注意点です。

産後1か月を過ぎたころから徐々にはじめ、6か月頃を目標にするとよいのですが、体の戻りには個人差があるため体力が回復したと思えるようになってから始め、1年くらいを目安に体調と相談しながらダイエットをすることをおすすめします。

出産を終えた体にはどんな変化が起こっている?

出産を終えた体の中では、体力を回復するだけでなく、動いてしまっていた内臓が元に戻ろうとしたり、開いていた骨盤が元に戻ろうとする時期でもあります。

産後6カ月くらいまでは授乳が頻繁で、骨盤も柔らかく、脂肪が流動的で燃焼しやすいので痩せやすい時期と言われていますが、無理をしてダイエットをすると体の回復が遅れたり腰痛に悩まされたりするだけでなく、更年期の時にも影響が出るといわれているので、産後1か月はダイエットをしないことや1か月を過ぎても体に自信が持てるまでは回復に専念するなどの注意点を守りましょう。

帝王切開の人は、3カ月程度たってから、医師と相談して始めることをおすすめします。

出産後のダイエットは食事のバランスもよく考えて!

産後ダイエットをする人に気を付けてほしいのが、食事のバランスです。

スタイルが良い若いお母さんはすぐに体形を元に戻したいと思い、食事制限をする場合がありますが、過度な食事制限をすると赤ちゃんを育てる体力や母乳を作り出すエネルギーや気力などが足りなくなってしまいます。

出産前と同じかそれ以上に栄養のバランスに気を付け、厳しい食事制限をせずに、緩やかに体重が減少するようにダイエットを進めることが大切です。

栄養のバランスがとれており、カロリーオーバーにならないようにするだけで、産後のお母さんは少しずつ体重が減るような体になっています。

まずは月に1㎏ほどのペースで、半年間で3から5㎏の体重減少を目指しましょう。

母乳を与える時期が終わると母乳を作り出すエネルギーがいらなくなるので、同じペースで食べすぎないように気を付けることも注意点のひとつです。

産後ダイエットの具体的なプランと期間

産後ダイエットの具体的なプランと期間
妊娠中に増えた体重を戻すために、そして体型を戻すために、これから産後ダイエットを始めようとしている人も多いでしょう。

一言で産後ダイエットといっても、どのような状況にあるかによっても、そのプランやどれくらいの期間をかけて行うかということは異なります。そのため状況別にあった産後ダイエットプランをたてることが大切です。

産後ダイエットのプランは時期から考える

産後ダイエットをする人を大きく分類すると、授乳中の人と、卒乳した人に分けることができます。

授乳中の人は完全母乳で育てている人であれ、粉ミルクで育てている人であれ、その多くは0歳から1歳程度の赤ちゃんを育てている人がほとんどでしょう。

一方、すでに卒乳している人の場合には、離乳が完了している1歳以上の子供を育てているということになります。

まず授乳期のまっただ中にいる人の場合です。この場合、体はまだ妊娠や出産によるダメージが残っている状態です。

そのため、ダイエットを始める前にまず体力の回復をはかるところから始めましょう。体力を回復させる方法としては、体をしっかり休ませて、栄養のある食事をしっかりと取るようにしてください。

しかし、0歳から1歳の赤ちゃんがいる場合には、赤ちゃんの世話もあり、なかなかぐっすりと眠ることは出来ません。ですので、食事だけでもしっかりと摂るようにしましょう。

あまり凝ったものを調理する時間もない人が多いので、手抜きをしてもよいので、栄養価のある食事を心がけて摂取するようにしましょう。

栄養価のある食事を摂取することで、母乳の質も良くなります。授乳期はおなかがすくことも多く、甘いものや脂っこいものが欲しくなりますが、産後ダイエットの第一歩としてぐっとこらえるようにしましょう。

参考サイト:産後ダイエットうぇぶ|最新の産後ダイエット成功法

体力が回復したら骨盤矯正と代謝アップをテーマに産後ダイエットに取り組んでみましょう

体力の回復がある程度できたら、まずは骨盤矯正から行います。

骨盤矯正は産後の体型を左右する非常に重要なものです。自然分娩はもちろんのこと、帝王切開でも骨盤矯正は必ず必要となります。骨盤を正しい位置に戻すことで、産後に起こりがちなおなかのたるみや、四角いおしりなどのトラブルも軽減することができます。

もしも骨盤矯正をしても思うようにやせない場合には、筋力が低下している可能性があります。基礎代謝には筋肉の比率が大きく関係しているため、骨盤矯正だけでなく筋トレもあわせて行うようにしましょう。

すでに卒乳している人の場合には、体力の回復をはかることなく、ダイエットを始めても問題ありません。

卒乳している場合には、とにかく体を動かすことが重要です。毎日適度な運動を取り入れて、脂肪燃焼を促進しましょう。