骨盤の歪みと産後太りの関連について

骨盤の歪みと産後太りの関連について

骨盤は、上半身と下半身をつないでいる体の要の大きな関節です。そして、女性の場合はその内部に子宮や卵巣の生殖器官があります。

妊娠すると、後半になるほど子宮は急激に大きくなります。骨盤はどんどん大きくなっていく子宮を保護し、出産に備えて少しずつ開いて、さらに分娩の時には大きく形を変えて赤ちゃんを娩出するのを助けます。

この形態の変化が出産後も戻らないと、歪みとして定着してしまいます。

骨盤のズレが体に及ぼす影響について

骨格や関節のずれや歪みは、体にいろいろな影響を与えてしまいます。筋肉や靭帯の炎症を起こしたり、神経根を圧迫することでしびれや神経痛の症状を引き起こすこともあります。

また、神経根への影響が自律神経系統にまでおよぶと、痛みやしびれの他にもさまざまな症状が現れ要注意です。

自律神経系統というのは、交感神経と副交感神経からなる神経で心身の調子を健やかに保つためのホルモン分泌などを司っています。

よって、自律神経系統が圧迫されることで機能が低下すると心身にいろいろな不調が見られます。

出産後に骨盤の歪みが残ってしまったことで、自律神経系統が圧迫された場合も同様です。

自律神経の乱れにより、血行やリンパの流れを正常にするホルモンのバランスが悪くなることがあります。その結果として、血行不良による冷えや、血液やリンパが全身をスムースにめぐって老廃物を回収・排出できなくなることによる新陳代謝の低下が起こります。

新陳代謝が低下すると、体内の老廃物や余分な水分が体に溜まる時間が長くなりむくみや肥満、便秘、ポッコリお腹などいわゆる産後太りの原因になりがちです。

骨盤の歪みで自律神経系統の機能が低下してしまう

妊娠中は母体と胎児の保護のために皮下脂肪がつきやすい状態にありますが、産後はこの脂肪が燃焼していくはずの時期です。

しかし、出産後の骨盤の歪みによって自律神経系統機能の低下から血行・リンパの停滞が起こることで、いつまでも脂肪が減らず産後太りが解消しにくくなってしまいます。

整骨院や接骨院の中には、出産後の骨格・関節の矯正を得意とする治療院があります。こうした整骨院・接骨院には、出産後のいろいろな悩みで多くの方が来院しています。

産後の不調の改善が得意な整骨院では、妊娠と出産を経てずれたり歪んだ骨盤を正しい位置に戻す骨格矯正の施術をしています。

骨格矯正の整体でずれや歪みが解消すると、筋肉や靭帯にかかっていた負担もなくなるので産後腰痛が軽減するとともに、圧迫を受けていた自律神経系統の機能も正常化します。

自律神経系統が正常に働くようになると、ホルモンバランスが整い血行やリンパの流れの回復で体内の老廃物や余分な水分が出ていきやすくなり産後太りやむくみが改善可能です。

出産後に太りやすい理由ってなに?

出産後に太りやすい理由ってなに?

出産後に太りやすい理由を知ることで、対策と克服のための努力の計画を立てやすくなります。

産後太りの原因は女性の体のメカニズムに関わりがあり、問題となるのは何よりも皮下脂肪です妊娠時には赤ちゃんをお腹の中で守る必要があるので、胎児を衝撃や冷えから守るために、皮下脂肪はとてもつきやすいです。

妊娠時に蓄えた皮下脂肪は急には減らない

出産後はすでに胎児は誕生をしているので、赤ちゃんのために皮下脂肪を蓄える必要はないものの、皮下脂肪がいきなり消えるわけではないです。

皮下脂肪は向かい合わないとそのままであり、放置の結果として血液循環は悪くなり、下半身には脂肪がべったりと月案す。ヒップの脂肪も垂れ下がり、冷え性やむくみに腰痛も起こりやすくなります。

産後太りに拍車をかけてしまうのは、妊娠と出産での骨盤のゆがみ、妊娠での基礎代謝が下がること、そして多すぎるカロリーの食事です。

出産に備えて妊婦女子の骨盤は開きますが、それは賛同を赤ちゃんが通過するために、必ず必要なことです。

帝王切開であれば関係ないと考えるのは誤りであり、それでもホルモンのリラキシンの分泌は続くので、骨盤は開くことになります。

骨盤が開くとその周囲の靭帯も筋肉まで伸びます。出産が終わった後、何もしないままだと自然に閉じることはかなり難しくて、さらにゆがみはひどくなります。

出産後に太る原因の一つに基礎代謝の低下が挙げられる

妊娠中は妊娠前と同じような生活は難しく、生活が変われば基礎代謝も下がります。

赤ちゃんを産んだ後もしばらくは、赤ちゃんにつきっきりですから、家の中でだけの生活が大半となり、運動不足は加速をします。運動をしなければ基礎代謝は下がりますし、太りやすくなります。

母乳育児をしているままにとって、食べることを我慢するのは無理な話です。

いくらでも食べられる衝動にかられますし、授乳をしている時期は、とにかくお腹がすくので、高カロリーな食事をしがちです。

食事だけではなくおやつにも高カロリーで食べ応えのあるものを選びやすく、食べることでストレスまで発散するので太ります。

そのうちに赤ちゃんは離乳食を始める時期に突入をしますが、

そつ乳の時期にも産後太りは襲ってきやすい時期です。授乳での消費カロリーは、卒乳で消え去りますので、これまでと同じように豪快に好きなだけ食べていたら、消費はできないのでそのまま脂肪となります。

産後太りにならないためにも、骨盤矯正を行うこと、食事のカロリーを制限すること、そして体を動かす習慣を身につけて、基礎代謝を高めるようにすることです。

体に無理の掛からない産後ダイエットの方法まとめ

体に無理の掛からない産後ダイエットの方法まとめ

出産後の女性の体は、慣れない育児によるストレスやホルモンバランスの変動が大きくなることから髪の毛が抜けやすくなったり、肌質が悪くなったりなど体の調子も崩しやすくなる特徴があります。

そのため妊娠中にしっかり運動をすることが出来ずに体重が増えてしまったという方にとって、いきなり毎日の運動と食事制限をいきなり開始すると、体に負荷がかかりやすくなってしまう必要があるため、いきなり体を動かすよりも体調を整える効果の高い産後ダイエットが人気になってきています。

産後ダイエットに向いているのは酵素

産後ダイエットに適している方法の1つが、体の中から老廃物を排出してくれるドリンクや食事内容を見直す事で健康的に体をスリムに整えてくれる『酵素ドリンク』を利用する方法です。

酵素とは体に元々備わっている栄養素で、脂肪燃焼や体の基礎代謝を活発にする働きに欠かせない成分ですが、30代を境にどんどん体の酵素成分は低下しやすくなるため若い頃に比べると少し運動をしたり食事制限を行った程度では、ダイエット効果が実感しにくくなるのです。

そこで野菜や果物に豊富に含まれている酵素成分をたっぷり含んだ酵素ドリンクを、一日の三食の食事のうち一食分に置き換える置き換え式ダイエットを行うと、ドリンクに含まれた美容成分や栄養素を補給しながら一日のカロリー摂取量を大幅に抑えることが出来るメリットがありますし、整腸効果が高いことから便秘がちで悩んでいる方でも薬に頼らずにスムーズなお通じを手に入れることができます。

ドリンクはお水や炭酸水で割って飲む方法もありますが味に変化を出す方法として豆乳や牛乳、ヨーグルトにかけて食べる方法もあるので味に変化を与えて毎日飽きずに続けることが出来ます。

ヨガやピラティスなども取り入れてダイエットをしてみましょう

また出産後は骨盤が開いた状態になっているため、そのままの状態を放置してしまうと骨盤周りに脂肪がついて下半身が太ったシルエットになってしまいます。

そのため産後ダイエットでまず行うことが開いた骨盤を元の状態に整える骨盤矯正を整体院でマッサージを受けたり、ヨガやピラティスの教室に通うのも健康的に正しい位置に骨盤を戻すことが出来ます。

骨盤が歪んでいたり、開いた状態でいると体の血行が悪くなり脂肪の燃焼がスムーズに行えなくなってしまうため、いくら運動を行っても下半身部取りが解消されないどころか、体の冷えの原因になる可能性もあるので、まずは骨盤矯正の治療を受けたり、腰回りに巻く骨盤矯正ベルトの利用も人気があります。

どうして酵素ダイエットで痩せることができるの?

どうして酵素ダイエットで痩せれるのか

色々なダイエット方法を試したけど、いまいち成果が上がらなかったという人にオススメなのが酵素ドリンクによるファスティング(断食)ダイエットです。

ベジライフ酵素液など、浜田ブリトニーさんなどの芸能人が痩せたことで有名になってきている酵素ですが、もともと酵素はずっと昔からある健康飲料でした。

 

どうして酵素ドリンクで痩せられるのか?と言うと、酵素ドリンクは代謝を促進する働きがあるからです。

運動をしても痩せられない、逆に太ってしまった…なんて事がありませんか?

もしくは、色々なダイエット商品を試したけど全然痩せない…なんて時、代謝が原因であることがほとんどなのです。

運動をしていても、代謝が上がらなければ痩せることはできません。

筋肉を付けることで代謝が上がり、痩せる仕組みになる筈なのですが、筋肉がついても基礎代謝が低いままだと筋肉だけが増え、体重も増えて、見た目にもごつくなり「なんのために頑張ったの…」と絶望してしまう結果になってしまいます。

 

代謝の意味をもう少し詳しく教えて欲しいんだけど...

 

代謝とは、老廃物を適切に排出できる機能であったり、脂肪を適切に燃焼する機能であったりします。内臓機能と直結し、代謝が悪い時は内臓の機能が悪い時でもあります。

内臓の代謝を整えるには、内側からアプローチしていくしかありません。

酵素とは、体内にとって必要不可欠な栄養素です。酵素を利用して生命エネルギーを作っているのですから、これが不足している状態だと当然代謝は落ちてしまいます。

酵素を摂取する事で、身体のエネルギーを作る機能を活性化させ、内臓の負担を減らすと共に、身体のサイクルを正常にします。

脂肪も上手に燃焼されるようになるので、痩せやすい身体に変わるという訳です。

 

酵素ドリンクで痩せる仕組み

 

また、酵素ドリンクは、酵素だけではなく配合されている野菜や果物の天然成分によって構成されています。

値段の高騰で、野菜がバランスよく摂取できないという場合にも酵素ドリンクはオススメです。

しかし、酵素ドリンクを使用して痩せやすい身体に変わる事でダイエットも可能ですが、そのまま食事に加えて飲んでいるだけでは、痩せる効果を得るには気の長い話になってしまいます。

ここで、冒頭でオススメしたファスティングの出番になります。

酵素ドリンクはそれだけでもカロリーのあるものですから、一食置き換えダイエットか、もしくは一日断食に摂取することで、ダイエットの効果を発揮します。

酵素ドリンクは腹持ちも優秀ですので、置き換えダイエット向きの飲料です。

朝食を食べずに酵素ドリンクのみ、もしくは夕飯を食べずに酵素ドリンクのみ、または一日の朝、昼、晩の食事を全部酵素ドリンクで置き換える。

これらの事をする事で、摂取カロリーを最小限に出来るだけでなく、代謝とデトックス効果を更に高めることができます。

 

酵素ドリンクで上手に置き換えダイエットをしてみよう!

 

仕事のある日は、朝食や夕食の置き換えを。

休日は一日酵素ドリンクで生活をすることで、体重は面白いほど減っていきます。

元からあった脂肪は燃焼され、溜まっていた老廃物も排出されます。

 

酵素ドリンクダイエットの魅力は、置き換えている他の食事は自由に摂っていいことです。

焼き肉、ラーメン、デザート…カロリー高いものを摂取したなと落ち込む必要もありません。

「酵素ドリンクの置き換えで調整すればいいや」と気楽に考えられるので、余計なストレスを溜めずに続けていけます。是非試してみてくださいね。

ファスティングは美容にも健康にも良いって本当?

ファスティングとは耳慣れない言葉ですが、簡単に言うと限られた期間に断食するダイエット・健康法です。食べない事で大幅にカロリーを減らせるのでダイエットできるほか、健康や美容にも効果的なんです。

ファスティングの美容・健康効果とは

ファスティングをすることのメリットはまず痩せられることです。最も評判になっている部分ですね。さらにファスティング期間中は脂質などを摂取しない事で、血液中のコレステロールや中性脂肪が減少すると言われています。

そして重要なポイントは、断食することで胃腸が休まる事です。

体をウィルスなどの外敵から守る免疫細胞の7割は実は腸に存在しています。外からどんどん食べ物や異物が入ってくる器官なので、最も免疫が強い必要があるんですね。

その腸を休ませてやることで免疫力が高まります。これは免疫の調子が悪い事で起きてしまうアレルギーやアトピー、敏感肌の改善に効果があるとも言われています。ファスティングは肌をきれいにする可能性を秘めているんですね。

でも元来人間は食事をしないと生きていけない生き物です。断食はやり方を間違えると体調を崩す原因にもなりかねません。正しいファスティングのやり方を守る事が重要です。

ファスティングのやり方

ファスティングは断食と言っても何も口にしないわけではありません。オススメなのが、ファスティング期間中は酵素ドリンクのみを口にする方法です。消化の負担なく腸を休ませ、必要な栄養を摂取することができます。

そしてファスティング期間を決めます。一般的なのは3日間ですが、1日でも効果がありますので最初は短い期間から始めるといいですね。

ファスティングの期間を決めたら、それと同じくらいの準備期間を設けます。準備期間には普段より食べる量を少なく、和食など負担が少ないバランスのとれた食事を食べましょう。

準備期間が明けたらファスティング開始です。3食を酵素ドリンクのみで過ごします。ファスティングが明けたら復食期間に入り、ゆっくり食事をはじめます。

復食期間はファスティングをした日数と同じくらいの時間をかけて、重湯や具のないスープなどで体を慣らしていきます。慣れたら通常の食事に戻しましょう。

このように、時間をかけてゆっくり行うのがファスティングです。3日ファスティングをしようと思ったら、開始から完了まで3倍の9日はかかるという事ですね。

ファスティング成功のコツは無理をしないこと

ファスティングはダイエット・美肌・免疫力の強化に効果的ですが、空腹感があったり体への負担も少なからずあります。気分が悪くなったら無理をせず、自分のできる日数でファスティングにチャレンジしましょう。

簡単な方法では寝る4時間前に食事を済ませてあとはものを食べない、プチファスティングダイエットというものもあります。睡眠時間を8時間とすると12時間も断食できる計算なので、これだけでもダイエット効果があるんですね。

腸を休ませる事を意識して、まずはできる範囲からファスティングに挑戦してみましょう。