ファスティングは美容にも健康にも良いって本当?

ファスティングとは耳慣れない言葉ですが、簡単に言うと限られた期間に断食するダイエット・健康法です。食べない事で大幅にカロリーを減らせるのでダイエットできるほか、健康や美容にも効果的なんです。

ファスティングの美容・健康効果とは

ファスティングをすることのメリットはまず痩せられることです。最も評判になっている部分ですね。さらにファスティング期間中は脂質などを摂取しない事で、血液中のコレステロールや中性脂肪が減少すると言われています。

そして重要なポイントは、断食することで胃腸が休まる事です。

体をウィルスなどの外敵から守る免疫細胞の7割は実は腸に存在しています。外からどんどん食べ物や異物が入ってくる器官なので、最も免疫が強い必要があるんですね。

その腸を休ませてやることで免疫力が高まります。これは免疫の調子が悪い事で起きてしまうアレルギーやアトピー、敏感肌の改善に効果があるとも言われています。ファスティングは肌をきれいにする可能性を秘めているんですね。

でも元来人間は食事をしないと生きていけない生き物です。断食はやり方を間違えると体調を崩す原因にもなりかねません。正しいファスティングのやり方を守る事が重要です。

ファスティングのやり方

ファスティングは断食と言っても何も口にしないわけではありません。オススメなのが、ファスティング期間中は酵素ドリンクのみを口にする方法です。消化の負担なく腸を休ませ、必要な栄養を摂取することができます。

そしてファスティング期間を決めます。一般的なのは3日間ですが、1日でも効果がありますので最初は短い期間から始めるといいですね。

ファスティングの期間を決めたら、それと同じくらいの準備期間を設けます。準備期間には普段より食べる量を少なく、和食など負担が少ないバランスのとれた食事を食べましょう。

準備期間が明けたらファスティング開始です。3食を酵素ドリンクのみで過ごします。ファスティングが明けたら復食期間に入り、ゆっくり食事をはじめます。

復食期間はファスティングをした日数と同じくらいの時間をかけて、重湯や具のないスープなどで体を慣らしていきます。慣れたら通常の食事に戻しましょう。

このように、時間をかけてゆっくり行うのがファスティングです。3日ファスティングをしようと思ったら、開始から完了まで3倍の9日はかかるという事ですね。

ファスティング成功のコツは無理をしないこと

ファスティングはダイエット・美肌・免疫力の強化に効果的ですが、空腹感があったり体への負担も少なからずあります。気分が悪くなったら無理をせず、自分のできる日数でファスティングにチャレンジしましょう。

簡単な方法では寝る4時間前に食事を済ませてあとはものを食べない、プチファスティングダイエットというものもあります。睡眠時間を8時間とすると12時間も断食できる計算なので、これだけでもダイエット効果があるんですね。

腸を休ませる事を意識して、まずはできる範囲からファスティングに挑戦してみましょう。

美肌を目指すならまずは食事の改善から

きめ細やかで透明感のある美肌はみんなの憧れですよね。人間の体は食べたものから出来上がるものです。食べるものを変えれば肌も変わっていく事はご存知ですか?

肌の調子が悪かったり、荒れたりニキビができるのは今の食生活が原因かも知れません。肌にいい食事を勉強して美肌を目指しましょう。

改善すべき肌に悪い食生活

まず今の食生活を思い浮かべてみましょう。甘いものや脂っこいものを食べ過ぎていませんか?脂っこいものや甘いものは皮脂の過剰分泌の原因になるので、ニキビを招くおそれがあります。

特にラード質の油は溶けにくく、毛穴につまりやすいと言われています。さらに脂質や糖分をとりすぎると肌細胞が酸化(老化)しやすく、たるみなどの原因にもなります。脂っこいもの、甘いものはできるだけ避けましょう。

そして暑い夏についつい摂りすぎてしまうのが、冷たい飲み物や食べ物です。体が冷えて代謝が落ちる事で、肌が乾燥しがちになってしまう危険があります。

さらにカフェイン・脂質・冷たい物はニキビや肌荒れを回復させるスピードを遅くしてしまう作用があるので、甘いものや脂っこいものの他にコーヒーや紅茶の飲み過ぎも禁物ですね。

美容にいい食べ物の王様というイメージのサラダも注意が必要です。生野菜は食べ過ぎると体を冷やしてしまいます。時々温野菜に切り替えるなど工夫しましょう。

肌トラブルを解消してくれる食品とは

脂っこいもの、甘いもの、冷たいもの、カフェインがお肌の大敵とわかったところで、肌に良い食べ物を見てみましょう。

ニキビにはまずビタミンB2、B6が有効です。アーモンド・卵・緑黄色野菜などに含まれていますが、ビタミンB群はたくさんの種類同士が作用しあって効果を発揮する栄養素なので、ビタミンB群がバランス良く配合されているサプリメントもオススメです。

乾燥しにくい肌を作るには肌細胞を元気にすることが大切です。肌の細胞分裂を助ける亜鉛の入っている牡蠣などがオススメですよ。たるみやシワにも亜鉛は効果的な栄養素です。

他にもシワやたるみには、ビタミンCとタンパク質がいいでしょう。肌の形やハリを支えているのはコラーゲンというタンパク質なのですが、コラーゲンを食べても直接肌のコラーゲンに変身するわけではありません。

材料になるタンパク質を摂取して、ビタミンCで生成を促すことでコラーゲンが作られるようになります。ビタミンCは柑橘類や野菜、タンパク質はお肉や卵などで摂取するのがいいですね。

肌に一番いいのはバランスがとれた食事

肌にいい食事を目指すにはお肉だけでもビタミンが足りず、野菜だけでもタンパク質が足りません。簡単に言うと、栄養バランスのとれた食事こそが肌を一番キレイにしてくれるんですね。

野菜たっぷりのサラダや温野菜、体をあっためる汁物、タンパク質豊富なお肉やお魚、エネルギーを補給してくれるご飯やパン、これらが揃っていることが大切なんです。

体を冷やさず、偏った食生活を改めることで肌はきれいになっていきます。栄養バランスを意識して美肌を目指しましょう。

美白美容液を選ぶ際のポイント

最近シミやくすみが気になって来たという方、もしかしたらもう美白化粧品をお試しになった方もいるかもしれません。

でも、「なんだかあんまり効果がない」「肌に合わない」と感じているとしたら、もう一度美白美容液を選ぶ時のポイントを押さえて化粧品の選び直しをオススメします。

美白美容液を選ぶポイント

初めて使うけど何を選んでいいかわからないという方も、是非チェックしてみてくださいね。美白美容液を選ぶ際のポイントは大きく分けて2つ。

1.美容成分のチェック!

美容成分には色々な種類があります。たくさん書かれた横文字を見ていてもサッパリわからない!だから売り文句だけを呼んで適当に買ってしまう事がありますが、ここはきちんと自分のシミの状態や肌の状態に合わせた成分が配合された美白美容液を選ばないといけません。

なぜなら成分によって役割がそれぞれ違いますので、シミに有効的に働くもの、新しいシミを予防するもの、肌色を明るくするもの…など効果の出るメカニズムを理解しておく必要があります。

今あるシミを薄くする美白成分としてオススメなのがハイドロキノンとルシノールです。

ハイドロキノンはシミ治療薬として皮膚科でも使用される美白成分で効果は絶大ですが少し刺激が強く、塗り過ぎには注意が必要です。

ルシノールはハイドロキノンと同じような効果を持ちながら刺激が弱いため、安心して使用できる美白成分です。主に薄いシミや、肝斑に効果があります。

シミを予防する美白成分でオススメなのは、ビタミンC誘導体とアルブチンで、肌の名でメラニンが生成されるのを防ぐ働きがあります。またビタミンCには紫外線から肌を守る抗酸化作用や、肌の再生を助ける働きもある優秀な美白成分ですので、アンチエイジングやニキビケアなども同時に行う事ができます。

2.保湿成分のチェック!

乾燥肌の場合、美白成分の効き目は薄くなります。というのも、乾燥肌はダメージを受けやすくメラニンの生成が活発になってしまうため、せっかく美白をしても美白サイクルがシミを作り出すサイクルに追いつかず結果的にプラスマイナスとして効果が現れません。

つまり、美白と保湿は常にセットで考えなくてはならないのです。

保湿成分が配合された美白化粧品を選ぶのがベストですが、保湿成分にも色々と種類がありますので自分の肌にあったものを選ぶのがオススメです。

有名な保湿成分といえばセラミド、ヒアルロン酸、コラーゲンの3つですね。この3つは元々体内にあるものですので、馴染みやすく安全性にも優れています。

ただし、保湿は保水と保水した水分を逃がさないバリアの二つの役割が合わさって効果を発揮しますので、保水だけやバリアを張るだけの保湿方法ではいけません。必ず化粧水と保湿クリームはセットで使用しましょう。

また、セラミドは保水能力に優れた成分ですが、天然セラミドや合成セラミドなど種類があります。中でも天然セラミドは肌に浸透しやすく、親和性が高いのが特徴です。

ヒアルロン酸やコラーゲンはバリア機能としての保湿能力が非常に高い成分ですので、保湿クリームに配合されているものを選ぶといいですよ。

酵素ドリンクを使ったダイエットは本当に効果がある?

酵素ドリンクを使ったダイエットが、最近再び注目されています。

 

酵素ドリンクとは、野菜や果物などの酵素エキスが濃縮されている健康飲料の事。

身体を動かすため、生きてゆくために必要不可欠である酵素は、外部から摂取しようとしても50度以上の熱で失われてしまうという大きなデメリットを持ち合わせております。

そのため、加熱調理ではなく生、もしくは生に近い状態で摂取しなければならないのですが、生のまま摂取できる野菜には限りがあります。

そこで開発されたのが酵素ドリンク。酵素ドリンクは本来生でなくては摂れない酵素を、様々な食材から抽出、凝縮して飲めるように作られています。

酵素の働きのひとつに身体全体の代謝を促進するというものがあります。これが重要な役割で、代謝なくして人は健康に生きることができません。

昔から酵素は人々の健康をサポートするために飲まれてきました。

 

健康的なダイエット法として注目される酵素ダイエット

 

今の時代、拒食症を招くような無理なダイエットは見直され、「健康的にダイエットする方法」に人々の注目が集まっています。

酵素ドリンクを利用したダイエットは、健康になることで代謝を促進し、むくみ解消、デトックス効果で便通を改善するなど、後々の健康的な生活も視野にいれたダイエットであると言えます。

ただ、酵素ドリンクはカロリーと栄養があるものですので、通常の食事と一緒に飲んでいても、ダイエット効果を実感するまで気長な話になります。

三食食べて、酵素を飲んで、全然体重が減らないという方は、酵素ドリンクの効果的なダイエット方法を知っておけば、すんなり痩せることができますよ。

 

酵素ダイエットは本当に痩せれる?

 

酵素ドリンクの効果的なダイエット方法、それはファスティング、「断食」ダイエットです。

断食とは言っても、丸一日のものから、朝食や夕食だけのものまで様々。

いずれも、抜いた食事の分を酵素ドリンクで置き換えて行います。

酵素ドリンクにはカロリーと栄養がありますが、それ以上に腹持ちするというのが強みなのです。

酵素ドリンクの腹持ちで、一食分を乗り切れば、その分だけカロリーを減らす事が出来る上に、身体に必要な栄養素も摂取することが出来ます。

個人差はありますが、1ヶ月で2.3キロ痩せることも難しくありません。

3カ月も続ければ、便通も改善され、身体も軽くなり、体重も4.5キロは減ると言います。

 

朝食置き換えダイエットはダイエットペースは緩やかなものの一番やりやすいとされ、次に効果的なのが夕食置き換えダイエットだと言われています。

一日断食は、休日などに行います。一日断食を乗り切ると体重は一気に1キロ減ると言われていますし、酵素ドリンクダイエットはメリットしかない優秀なダイエット方法だと言えます。