出産後に太りやすい理由ってなに?

出産後に太りやすい理由ってなに?

出産後に太りやすい理由を知ることで、対策と克服のための努力の計画を立てやすくなります。

産後太りの原因は女性の体のメカニズムに関わりがあり、問題となるのは何よりも皮下脂肪です妊娠時には赤ちゃんをお腹の中で守る必要があるので、胎児を衝撃や冷えから守るために、皮下脂肪はとてもつきやすいです。

妊娠時に蓄えた皮下脂肪は急には減らない

出産後はすでに胎児は誕生をしているので、赤ちゃんのために皮下脂肪を蓄える必要はないものの、皮下脂肪がいきなり消えるわけではないです。

皮下脂肪は向かい合わないとそのままであり、放置の結果として血液循環は悪くなり、下半身には脂肪がべったりと月案す。ヒップの脂肪も垂れ下がり、冷え性やむくみに腰痛も起こりやすくなります。

産後太りに拍車をかけてしまうのは、妊娠と出産での骨盤のゆがみ、妊娠での基礎代謝が下がること、そして多すぎるカロリーの食事です。

出産に備えて妊婦女子の骨盤は開きますが、それは賛同を赤ちゃんが通過するために、必ず必要なことです。

帝王切開であれば関係ないと考えるのは誤りであり、それでもホルモンのリラキシンの分泌は続くので、骨盤は開くことになります。

骨盤が開くとその周囲の靭帯も筋肉まで伸びます。出産が終わった後、何もしないままだと自然に閉じることはかなり難しくて、さらにゆがみはひどくなります。

出産後に太る原因の一つに基礎代謝の低下が挙げられる

妊娠中は妊娠前と同じような生活は難しく、生活が変われば基礎代謝も下がります。

赤ちゃんを産んだ後もしばらくは、赤ちゃんにつきっきりですから、家の中でだけの生活が大半となり、運動不足は加速をします。運動をしなければ基礎代謝は下がりますし、太りやすくなります。

母乳育児をしているままにとって、食べることを我慢するのは無理な話です。

いくらでも食べられる衝動にかられますし、授乳をしている時期は、とにかくお腹がすくので、高カロリーな食事をしがちです。

食事だけではなくおやつにも高カロリーで食べ応えのあるものを選びやすく、食べることでストレスまで発散するので太ります。

そのうちに赤ちゃんは離乳食を始める時期に突入をしますが、

そつ乳の時期にも産後太りは襲ってきやすい時期です。授乳での消費カロリーは、卒乳で消え去りますので、これまでと同じように豪快に好きなだけ食べていたら、消費はできないのでそのまま脂肪となります。

産後太りにならないためにも、骨盤矯正を行うこと、食事のカロリーを制限すること、そして体を動かす習慣を身につけて、基礎代謝を高めるようにすることです。